日の出
  1. バイアグラを通販で安く買う   >  
  2. バイアグラの成分と副作用

バイアグラの成分と副作用

サプリ

男としての自信を粉々に打ち砕いてしまうED。バイアグラはそんな絶望の淵から救ってくれる頼もしい存在です。しかし医薬品である以上、副作用は切り離せません。
体質によっては副作用をそれほど感じないという人も居るのですが、バイアグラは血圧や血流に関わる効果があるため、多少なりとも体調に変化をもたらします。

バイアグラを服用するにあたり、副作用に関する知識をしっかり養っておくことが大切です。そして併用禁忌薬バイアグラを飲んではいけない人についてもチェックしてみましょう。

バイアグラの主な副作用

シルデナフィルを有効成分として含有するバイアグラは、服用することで血管を拡張し、血圧を下げる効果を持っています。
血管が広がると血流は多くなるため、陰茎に血液がスムーズに流れるようになることで勃起するのです。

しかしこの作用によって様々な副作用が引き起こされます。代表的なものとして頭痛が挙げられますが、その他にもいくつかの代表的な症状があります。

多くの男性に現れやすい副作用は頭痛、そして顔や体の火照り
頭痛は拡張した血管が脳の神経を圧迫して痛みを感じるために起こるものです。火照りも同じく血流が多くなることで現れます。顔が紅潮するのも特徴的です。

また、稀に現れる副作用としては動悸や鼻づまり、消化不良などが挙げられます。
頭痛や火照りよりは発生頻度が低いものの、1%程度の男性にはこれらの副作用が現れるようです。

ただしこの副作用は一時的である場合がほとんど。薬の効果が切れるまでには落ち着きます。服用を続けることで慣れるケースが多いのですが、副作用がいつまでも続くようなら服用をやめ、医療機関を受診するようにしましょう。

発生リスクが高い頭痛の対処方法

バイアグラを飲むことでもっとも現れやすい副作用、それは頭痛です。
気合いを入れて薬を飲んでも、頭痛があるとセックスに専念することが難しいかもしれません。痛みというものは不快ですよね。

しかし市販の頭痛薬で副作用を抑えることができます。普段飲んでいる頭痛薬で問題ないので、副作用が気になる場合は試してみるといいでしょう。

頭痛薬は食後に飲むタイプが多いのですが、バイアグラは食事の影響を受けやすい薬です。飲むタイミングによっては効果が下がってしまうため、極力食前に服用するようにしましょう。

頭痛薬で胃が荒れそうなら胃薬も併用することをオススメします。

必見!バイアグラと併用してはいけない薬とは

バイアグラの服用時はもちろんですが、普段からなんらかの薬を飲む際、併用禁忌薬を確実に把握しておかなければいけません。

併用禁忌薬とはその名の通り「併用してはいけない薬」のこと。飲み合わせによっては重篤な副作用が現れやすくなり、思いがけない事態に発展してしまう恐れがあるため注意が必要です。
バイアグラの併用禁忌薬は以下の通り。

・硝酸剤(内服薬、注射、貼り薬などを含む)
・抗不整脈剤(塩酸アミオダロン)

硝酸剤については様々な種類の医薬品があるため、服用している薬があるならバイアグラを使い始める前にしっかり確認しておきましょう。

併用禁忌薬と知らずにバイアグラと併用してしまうと、最悪の場合は命に関わる可能性もあります。

バイアグラを飲めない人

服用中の薬がない人でもバイアグラを飲むことができないことがあります。その対象は血管系の持病がある人です。

例えば狭心症や心血管系障害、または脳梗塞などを患っている人はバイアグラを服用できません。既往歴がある方も要注意です。

バイアグラの服用によって血管が広がると、血管に負担がかかり発作症状などが起こることがあります。持病がある方の血管は通常よりも脆くなっているため、副作用の症状が重くなりやすいのです。

持病がある場合や服用している薬がある場合はかかりつけの医師に相談し、その指示に従うようにしましょう。

本物のバイアグラを選ぶことが重要

ED治療薬には頭痛やめまいなどの副作用があります。バイアグラに限らずレビトラやシアリスといった有名な薬も同様です。

錠剤を半分に割ったりして飲み方を工夫し、副作用を抑える方法も悪くありません。初めての服用時などはそうした方が安心です。

しかし、やはり最も重要なのは本物の薬を服用することでしょう。出回っている偽物を選んでしまうと重篤な副作用に悩まされるリスクは高くなり、体に害が及ぶかもしれません。偽物にはどのような成分が含まれているかわかりませんし、どう作用するかもわからないのです。

病院ではなく通販でバイアグラを購入するのであれば、信頼できる通販を利用するようにしましょう。安心してED治療薬を飲むためにも自ら安全性について考えることが大切です。